自費診療

プロペシアによるAGA治療

2016年6月に、AGA「男性型脱毛症」(男性におこるつむじや頭頂部を中心にした脱毛症)用の新製品「ザガーロ」(グラクソスミスクライン社製)が発売されました。現在販売しているプロペシア(MSD社製)およびフィナステリド(プロペシアの後発品:東和薬品)によるAGA治療も引き続き継続していきますが、副作用はほぼ同等で、国際共同試験による毛髪数増加の割合がプロペシアを1としたときに「ザガーロ」は1.6と有意に大きいというデータがあります。また以前から使用されているプロペシアも実績のある薬剤で、AGAは通常進行性ですが、3年間フォローデータでは改善・進行なしが95%と好成績でAGA治療で最も有効な治療群に分類されています。ザガーロ(1箱30日分)8,990円、プロペシア(1箱28日分)6,980円 フィナステリド(1mg)5,480円(税込)(診察・問診代:1,080円:税込)です。

AGA最新治療薬「ザガーロ」について

  • 2016年6月に新発売の男性型脱毛症の治療薬です
  • プロペシア®(フィナステリド)より効果的で副作用は同等
  • ザガーロ・プロペシア共通する事柄ですが
    ①服用中と中止後半年は献血不可
    ②前立腺癌マーカーのPSAを下げる働きがあるので泌尿器科に通院している方や前立腺癌の検診を受ける人は主治医と相談、もしくは避けた方がよいでしょう
  • DHT(ジヒドロテストステロン)がAGAをもたらすホルモンで、テストステロン(男性ホルモン)が5α還元酵素のよって生成されます。
  • 5α還元酵素は1型と2型とあり、ザガーロの方が右図のごとく強く5α還元酵素を阻害、DHTの生成を抑制します。
    ザガーロ:1型・2型とも働きを阻害
    プロペシア:2型のみ阻害

ザガーロとプロペシアの比較表

  ザガーロ プロペシア
効果・効能 男性型脱毛症 男性型脱毛症の進行遅延
作用機序 5α還元酵素1型2型阻害 5α還元酵素2型阻害
国際共同試験による
毛髪数増加の割合
(プロペシアを1として)
1.6
副作用(勃起不全など) 同等 6%
勃起不全(プラセボで3%) 5% 中学校で集団接種
価格(税込) 8,990円(30錠30日分) 6,980円(28錠28日分)
後発品5,480円(28錠28日分)
献血の休薬期間 6ヶ月 1ヶ月

  • 1箱1か月分 8,990円です(税込)
  • ※診察・問診代1,080円(税込)眼科受診の際は無料
  • ※在庫切れがありうるのであらかじめお電話ください

 
再診の方は半年分まで購入可能です。在庫がない可能性がありますので、受診1週間前までに御予約ください。
グラクソスミスクラインのホームページ、およびMSD株式会社のホームページをご覧下さい。