診療内容(手術・その他)

眼科の手術室は、眼がその独特な免疫機構ゆえ、細菌などに感染しやすい為、高い清潔度が求められるのですが、当院では「バイオクリーン高度清潔区域(HEPAフィルターを用いた垂直層流方式適用かつ陽圧維持」(NASA規格でクラス10000をはるかに超える)ハイ・クリーンの手術室での手術を行っています。
 

当院で受けられる手術(その他下記以外にも手術施行しております。)

  • 白内障手術(保険適応外の多焦点・3焦点レンズ挿入も実施しております。詳しくは自費診療ページを参照ください。)
  • 緑内障手術(Express®を用いたインプラント挿入術や線維柱帯切除・切開術・レーザー線維柱帯形成術やレーザー隅角形成術など)
  • 網膜硝子体手術(糖尿病網膜症や硝子体出血、黄斑前膜や黄斑円孔、裂孔原性網膜剥離など)
  • 眼瞼手術(加齢性眼瞼下垂や眼瞼内反症、睫毛内反症、眼瞼腫瘍、眼周囲の腫瘍など)
  • 結膜手術(翼状片、結膜腫瘍、結膜弛緩症)
  • 涙道手術(シリコンチューブ挿入術、涙点プラグ挿入術(ドライアイ治療))
  • 眼窩手術(眼窩脂肪脱出に対する手術)
  • 硝子体内注射(ルセンティス®、アイリーア®を用いた加齢黄斑変性や黄斑浮腫を伴う網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症)
  • ボトックス注射(眼瞼けいれんに対する治療)

 
ただいまアルコン社製Restore は自主回収中で、現在日本では流通しておりません。ご迷惑をおかけしますがご理解よろしくお願い致します。
なお多焦点レンズ=2焦点レンズであるため、より質の高いプレミアム3焦点レンズをおすすめします。
 

手術機器

CENTURION(センチュリオン)

白内障手術をより安全安心、よりスピーディに!最新最上位機種モデル

CENTURIONの最も進化した特徴

圧倒的な破砕力とコンピューターに制御された眼圧安定システムの搭載です。
これによって、さらに手術の安定性、効率性が大幅に向上しました。
  白内障手術は濁って硬くなった水晶体を砕いて吸引しますが、手術中は眼圧を一定に保つために常に眼内に専用の灌流液を注ぎ続ける必要があります。 手術中の眼圧の変動は、手術の安定性と効率性が下がるため、手術中のリスク管理において非常に重要な課題でした。 従来の白内障手術装置は、灌流液を注入するボトルを高い位置に吊るし、そのボトルの上下動させることによって重力を変えて手術中の眼内圧をコントロールしていました。
 
センチュリオンは灌流バックを本体内部に設置し、手術装置本体が検知した流体の変化に応じて、加圧減圧をすることで、灌流圧を調整して手術中の安定した眼内空間を維持することができます。 手術中に変化する灌流圧を自動的・継続的にモニタリングする機能が搭載されており、手術中の眼内圧の変動を抑えることで、手術のリスクを低減し、手術の安全性・安定性・効率性の向上を実現しています。
 
眼圧が安定することで、術者の操作性の向上により術中合併症も低減することが期待され、水晶体破砕効率があがり超音波の時間も減ることによって切開創付近の摩擦による温度上昇を抑え、創口熱傷の発生のリスクも低減します。

 
手術時間の短縮や手術の安全性と効率性が格段に向上しており患者さんにとってのメリットが非常に大きい手術器械です。

Constellation(コンステレーション)

白内障・硝子体手術を同時に行う事のできる、世界でも最新の手術装置

白内障・硝子体手術を同時に行う事のできる世界でも最新の手術装置です。

安全で低侵襲の手術が可能で、手術時間も短く、患者さんの負担が格段に減りました。

硝子体手術は、網膜に起こる様々な病気を、目の中にある硝子体を切除しその先の網膜に対して治療を行う、眼科領域で高度な治療分野の一つです。
適応になり得る疾患は糖尿病網膜症・網膜剥離・黄斑前膜・黄斑浮腫・その他の硝子体出血など数多くあります。
コンステレーションは、白内障・硝子体の同時手術はもちろん、眼内レーザー、シリコンオイル注入など、あらゆる機能が搭載されています。
 
従来機種よりも高性能な硝子体カッターを備え、硝子体カットレートの倍速化、最新の極小切開手術にも対応可能で、あらゆる硝子体疾患に対し、幅広い術式を提供できます。

傷口は1mmよりも小さい穴を3つあけて手術をしますので眼球を大きく切開する必要がなく無縫合で手術を終えることができます。
このため、手術による侵襲は極めて少なくてすむようになりました。
また、より精密にコントロールされる灌流圧供給システムにより、眼圧が安定します。
よって従来よりもさらに安全で確実な手術が提供できるのとともに、手術後の回復、安定も格段に早くなり、患者さんの負担の低減が期待されます。

付帯施設

準備室

こちらの準備室で、手術時に点滴が必要な方の点滴の準備・抜去を行います。

回復室

こちらの回復室は二階まで吹き抜けになっており、手術前の準備、および手術が終わりましたら、ソファーにかけながら、テレビをみたり、外の景色を見ながらリラックスすることができます。

手術内容

涙点プラグ



分泌された涙は、目頭側にある上下各1個ずつある「涙点」から涙道を経て鼻腔内へ排出されていきます。ドライアイなどで点眼治療だけでは十分な効果が得られない場合は、「涙点」にプラグ(栓)をし、涙や角膜保護剤の「涙点」からの排出を抑え、眼表面により潤いをあたえる治療法です。1-2分でできる簡単な処置ですが有効な治療法です。

黄斑変性・黄斑浮腫に対する注射治療

「黄斑」とは中心視野と中心視力を担当する非常に重要な部位なのですが、糖尿病網膜症や静脈閉塞症、加齢黄斑変性やぶどう膜炎などの炎症性疾患で障害されると、視力の低下や視野の中心部分が歪んだり、暗くなったりします。その場合、硝子体手術を選択することもあるのですが、アイリーアやルセンティスの硝子体内注射、ステロイドのテノン嚢下注射が有益である患者様には、日帰り治療で行っております。

ケナコルトテノン嚢下注射による糖尿病性黄斑浮腫の改善例

投与前

投与後


浮腫が改善し、正常な形態に近づいています。

正常の黄斑部

ボトックス治療

眼瞼けいれんは「まぶしい、目が開いていられない、乾く」などの症状からはじまり、進行すると自分で目があけられなくなってくる疾患です。また片側顔面けいれんは初期には片方の目の周囲、口がぴくぴくし、進行すると目の周りや口、ほお、あごの筋肉がひきつってきます。それに対し、ボトックス治療はボツリヌス毒素をけいれんしている部分に注射し、筋肉をマヒさせることで症状を軽減する治療です。施注は1-2分で終わります。保険適応の治療です。