自費診療

ICL

*以下はICL情報サイトに準じた内容となります。

上の画像をクリックしていただくと、ICLについての解説動画をご覧いただけます。

ICLとは?

ICL(アイシーエル)は、小さなレンズを目の中に移植(インプラント)して近視や乱視を矯正し、裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術です。レンズを黒目(虹彩)の裏側の後房と呼ぶ位置に固定するので「有水晶体後房レンズ」、「フェイキックIOL(Phakic IOL)」(phakicは水晶体の英語名)、あるいは「有水晶体眼内レンズ」ともいいます。
ICL(アイシーエル)のレンズは、「コラマー(Collamer)」と呼ぶHEMA(水酸化エチルメタクリレート: hydroxyethyl methacrylate)とコラーゲンを含んだ親水性の柔らかい素材でできています。コラマーは生体適合性が高く、目の中にいれても異物として認識されにくい、大変優れた素材です。特別なメンテナンスをする必要もなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。
レンズの移植(インプラント)には、インジェクターと呼ぶ挿入器を使用します。インジェクターがレンズを小さく折りたたんだ状態で眼内に射出するので、移植のための切開創は約3㎜と小さく、目にかかる負担を少なくし、日帰り手術を可能にしています。
ICL(アイシーエル)の特徴は、適応範囲が広くレーシックでは適応外となる強度近視の方や角膜が薄い方にも適応が可能なこと、視力矯正の精度が高くハードコンタクトレンズと比べても見え方に遜色がなく手術後の満足度が高いこと、など。またいったん移植(インプラント)したレンズは取り出して元の状態に戻すことも可能です。これはレーシックのように角膜を削る視力矯正手術とは大きな違いといえるでしょう。
ICL(アイシーエル)自体は、20年以上の歴史があり、現在ではヨーロッパ諸国、アメリカ、韓国、中国など世界各国で薬事承認されています。
日本でも国内治験の結果からICL(アイシーエル)の有効性と安全性が認められ、高度管理医療機器「有水晶体後房レンズ」として2010年には近視矯正用レンズが、2011年には乱視矯正も行えるトーリックレンズが厚生労働省から承認を受け、2014年には光学部中央に小さな孔の空いた新しいデザインのレンズが承認を受けています。
医療機器製造販売承認番号:22200BZY00001000

手術方法

ICLの特徴

1.高い術後満足度、鮮やかな見え方

一般に目の中の水晶体に近い位置にレンズをおいて矯正を行うので矯正精度が高く、ハードコンタクトレンズと比べても遜色のない鮮やかな見え方が得られると云われています。
これまでの調査では手術を受けた方の98%が1.0以上の裸眼視力に回復しており、手術実績は良好です。

 ICL挿入眼の見え方(シミュレーション画像)
 
レーシックの場合の見え方(シミュレーション画像)
 

2.視力の長期安定性が期待できる

近視や乱視が強めの方の場合、レーシックによる視力矯正では術後数年で視力が少し戻ってきてしまう傾向があります。ICLでは、このような視力の戻りが大変少なく、長期的に安定した視力が期待できます。

3.ドライアイや視覚障害の出現が少ない

レーシックではフラップ作成時に知覚神経が切断されるため、一時的にドライアイが生じやすくなります。通常、切断された神経は3カ月程度で元に戻るのですが、もともとドライアイの症状があった場合、レーシックによって症状が悪化することもあるようです。
あるいは、レーシックでは術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することもあります。これらは、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた瞳孔のサイズより小さかった場合によく起こるようです。
角膜を整形しないICLではこのような視覚障害の出現が少なくなります。

 表 レーシック術後に起こるといわれる主な視覚障害
ハロー(halo) 光を見たときにその周囲ににじんだ輪が見える視覚障害。主に夜間や暗所で光るものを見たときに起こります。夜間や暗い場所で大きく開いた瞳孔のサイズよりもエキシマレーザーの照射径が小さかったことにより、角膜を削っていない部分を光が通ることでこのような見え方が生じます。
グレア(glare) 光を見たときにギラギラしたまぶしさを感じる視覚障害。夜間や暗所で光るものを見たときによく起こります。角膜の炎症が原因です。
コントラスト
感度低下
暗いところで見えにくくなる視覚障害。ハローと同様、エキシマレーザーの照射径が開いた瞳孔のサイズと合わない場合によく起こります。

4.術後でも術前の状態に戻せる

ICLのレンズは大変柔らかい素材でできており、3㎜の切開創から出し入れが可能です。いったん目の中にセットしたレンズは、比較的簡単に取り出すことが可能です。見え方に不満がある場合、あるいはアレルギーなどの問題が出た場合に取り出して元の状態にもどすことができます。度が進んでしまった場合でもレンズを交換し良好な視力を得ることができるのです。
このほか、将来白内障になった場合はレンズを取り出して、白内障の治療をします。この際、ICLを受けた方の場合はレンズを取り出せば目が術前の状態に戻るので白内障用眼内レンズの度数決定は通常の計算式で問題なく行えます。

5.強度の近視や乱視に適応可能

レーシックでは矯正できる度数には上限があります。また角膜が薄い方の場合、レーシック不適応となり、手術を受けること自体ができません。
ICLは角膜を削らずに視力矯正を行うので、角膜が薄い方でも手術を受けることが可能です。また、幅広い度数のレンズをそろえているため、レーシックでは矯正できない強度の近視や乱視の方でも視力矯正を行うことが可能です。

表 ICLレンズの矯正量
近視用レンズ ▽球面レンズ度数 -3.0~-18.0D(0.5D単位)
▽屈折矯正量 -3.0D~-18.0D(0.5D単位)
乱視用レンズ ▽円柱レンズ度数 +1.0D~+4.5D
▽屈折矯正量 -1.0D~-4.5D

6.37万眼を超える圧倒的な使用実績数

ICLはフェイキックIOLとしては後発ですが、1997年にヨーロッパでCEマークを取得。
現在は70か国で薬事承認を取得しており、世界全体での累計症例数は37万眼以上(2013年12月末時点)と圧倒的に多い使用実績があります。
 

2011年末時点でのフェイキックIOL世界シェア
 

2011年末時点での使用実績のシェアは74%、国内では55%(2010年)とフェイキックIOLの半分以上はICLとなっています。近年日本においても症例数が急速に伸びています。

7.有害な紫外線(UV)をカット

紫外線のダメージが目の奥に蓄積すると眼病の原因になると云われています。ICL(アイシーエル)のレンズには、有害な紫外線(UV)をカットする紫外線線吸収剤が含まれています。紫外線によるダメージを軽減する効果が期待できます。

8.日帰り手術が可能

ICLのレンズはソフトコンタクトレンズのような柔らかい素材でできており、インジェクターと呼ぶ挿入器を使って細長く筒状に折りたたんだ状態で目の中に挿入します。
レンズ挿入のための切開創は3mmと小さく、慣れたドクターであれば10分~15分で両眼の挿入術を完了します。また3mmの切開創は点眼のみで自然治癒するため、通常は縫合する必要もありません。麻酔などを含めた全体でも1時間はかからない手術ですから、目への負担が小さく、早ければ手術した翌日には回復し、視力の変化を実感できます。

9.レンズ素材の安全性

ICLのレンズはCollamerという新素材でできています。CollamerはHEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを重合させた含水性の柔らかい素材で、目の中に入るとコラーゲンが体内の糖タンパク(フィブロネクチン)と結合し、レンズ表面に膜を形成します。
このためICLのレンズは眼内で異物として認識されにくく、曇ったりせずに、長期にわたってレンズとしての機能を果たすことが可能です。

タンパク質沈着テスト後のCollamer素材表面
(1000倍顕微鏡写真)
 
タンパク質沈着テスト後のアクリル素材表面
(1000倍顕微鏡写真)

合併症のリスク軽減が期待できる最新モデル「ホールICL」

2014年3月3日には、最新モデルの「ホールICL」が厚生労働省から薬事承認を受けました(販売名:「アイシーエル KS-AquaPORT®」、医療機器承認番号:22600BZX000850D0)。これは光学部の中央に直径0.36㎜の小さな穴をあけたレンズで、目の中の水(=房水)の流れを妨げない大変優れたモデルです。

従来モデルは、房水の流れを維持するために虹彩に小さな孔を開ける手術(=虹彩切開)が必要でしたが、ホールICLでは患者様に負担のかかる虹彩切開が不要となりました。また、房水の流れが従来のレンズより改善されているため、術後の合併症(緑内障、白内障等)のリスクの軽減が期待できます。
孔の大きさは光学性能に影響を与えない大きさに設計されているため、見え方は従来のモデルと同等です。非常に厳密には同じではありませんが、その差は極小で、知覚できる水準ではありません。解像度(MTF)の空間周波数特性(レンズの光学特性)はほぼ同じというシミュレーション結果もあります。
0.36㎜径という孔の大きさは、目の中で浮遊する微細な固形粒子の長径の6~10倍です。とても小さな孔ですが、詰まることはありません。

 
※合併症として駆逐性出血や細菌性眼内炎、水疱性角膜症、水晶体核落下、嚢胞様黄斑浮腫などにより術前より視力が低下、最悪失明することもありえます。また、病状経過により、追加手術を行うこともあります。

よくある質問

A1:誰でもICL(アイシーエル)の手術を受けられますか?

年齢が21~45歳で近視または乱視の方、目の病気(緑内障・糖尿病網膜症・白内障など)がなく、医師により適応が確認された方が手術を受けられます。手術前に適応検査を行い、人それぞれの近視量、目の大きさに合わせてレンズを選ぶ必要があります。

A2:ICL(アイシーエル)のレンズは目のどこに移植(インプラント)するのですか?

目の中の黒目(虹彩)の裏、水晶体の前の後房と呼ばれる位置に移植(インプラント)します。黒目の裏に固定することで、ズレたりする心配はほとんどありません。また、外見からレンズが見えることもありません。移植(インプラント)後、特別なケアは必要ありませんが、手術を受けた眼科への定期的な受診をおすすめします。

A3:ICL(アイシーエル)のレンズはどんな素材でできていますか?

コラマー(Collamer)と呼ばれる独自の素材で出来ています、ソフトコンタクトに使われる素材であるHEMA(水酸化エチルメタクリレート:hydroxyethyl methacrylate)とコラーゲンを含む生体適合性の高い素材で作られています。この素材は目の中で異物として認識されにくい大変優れた素材です。特別なメンテナンスなどをしなくても目の中で曇ったりせずに長期間透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たすことが可能です。さらに紫外線吸収剤が含まれていますので有害な紫外線(UV)をカットしてくれます。

A4:どうして手術後クリアに見えるのですか?

精度の高いレンズを使って目の中で視力矯正を行っているため、収差(光の結像のズレ、像のボケやゆがみ)が少なくクリアな見え方が期待できます。

A5:手術を行った後、どのぐらいで視力が安定しますか?

角膜を削らずに、小さな切開創からレンズを目の中に移植(インプラント)するだけなので手術当日から裸眼で過ごせます。手術直後は目の中で若干の炎症が起こるため見えにくい場合もありますが、通常は翌日から1週間ほどで良好な視力に回復することが多いようです。ただし手術による切開創は自然治癒するまでに1カ月から3カ月程度の期間を要する場合があります。このため、手術後は視力が良好に回復した後でも担当医師の指示には従ってください。また視力回復後も担当医師による定期的な受診をおすすめします。

A6:手術を行った後、視力が変わった場合はどうすればいいですか?

移植(インプラント)したレンズは取り出して交換することが可能です。あるいは移植(インプラント)したレンズはそのままにしておいて、他の屈折矯正手術を受けることもできます。また何度も手術を受けたくない方は、レンズを移植(インプラント)したままの状態でメガネやコンタクトレンズを併用することも可能です。老眼の方は、老眼鏡をかけることができます。詳しくは担当医師にご相談ください。

A7:合併症など、手術のリスクはありますか?

まれにレンズと水晶体が干渉し白内障を誘発することがあります。その場合は、いったんレンズを取り出して白内障の治療をします。また以前には手術後に、目の中の水(房水といいます)の流れに変化が生じて眼圧が上昇することがありました。現在は、レンズ中央に孔の空いた新デザインレンズ「アイシーエル KS-AquaPORT®」が登場し、合併症のリスクは少なくなっています。

A8:レンズを目の中に移植(インプラント)する治療法はICL(アイシーエル)だけですか?

角膜の内側、黒目(虹彩)の表側の前房と呼ぶ位置にレンズを固定する別の治療法が以前からあります。ただし、この治療方法では手術を受けた方の角膜内皮細胞が術後数年間で顕著に減少しているという報告があり、水泡性角膜症の発症リスクが懸念されています。レンズを後房と呼ぶ位置に固定するICL(アイシーエル)で角膜内皮細胞が著しく減少しているという報告はまだありませんが、内眼手術であるのは同じです。レンズを移植(インプラント)する以上、レンズが周囲の眼内組織と干渉するリスクがあることに変わりはありません。内眼手術によるリスクなどの詳細は担当の医師にお尋ねください。