さくらい眼科

診療内容(手術)

手術

眼科の手術室は、眼がその独特な免疫機構ゆえ、細菌などに感染しやすい為、高い清潔度が求められるのですが、当院では「バイオクリーン高度清潔区域(HEPAフィルターを用いた垂直層流方式適用かつ陽圧維持」(NASA規格でクラス10000をはるかに超える)ハイ・クリーンの手術室での手術を行っています。

当院で受けられる手術(その他下記以外にも手術施行しております。)

  • 白内障手術(保険適応外の多焦点レンズ挿入も実施しております。)
  • 緑内障手術(Express®を用いたインプラント挿入術や線維柱帯切除・切開術・レーザー線維柱帯形成術やレーザー隅角形成術など)
  • 網膜硝子体手術(糖尿病網膜症や硝子体出血、黄斑前膜や黄斑円孔、裂孔原性網膜剥離など)
  • 眼瞼手術(加齢性眼瞼下垂や眼瞼内反症、睫毛内反症、眼瞼腫瘍、眼周囲の腫瘍など)
  • 結膜手術(翼状片、結膜腫瘍、結膜弛緩症)
  • 涙道手術(シリコンチューブ挿入術、涙点プラグ挿入術(ドライアイ治療))
  • 眼窩手術(眼窩脂肪脱出に対する手術)
  • 硝子体内注射(ルセンティス®、アイリーア®を用いた加齢黄斑変性や黄斑浮腫を伴う網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症)
  • ボトックス注射(眼瞼けいれんに対する治療)

ただいまアルコン社製Restore は自主回収中で、現在日本では流通しておりません。ご迷惑をおかけしますがご理解よろしくお願い致します。
なお多焦点レンズ=2焦点レンズであるため、より質の高いプレミアム3焦点レンズをおすすめします。

自由診療:多焦点眼内レンズ

通常の保険診療での白内障手術の際には「単焦点」レンズを使用します。

遠くにピントを合わせた場合は、手元がみえづらい為、手元用の眼鏡が術後必要になり、近くにピントを合わせた場合は、遠くがみえづらい為、遠く用の眼鏡が術後必要になります。

多焦点レンズは遠くから近くまでの、ピントがあう距離が複数あり、単焦点レンズに比べより広い範囲でピントが合い、遠くも近くも見えやすくなるため、眼鏡なしで生活できる人が90%以上であるというデータがあります。術前検査で乱視が一定程度ある方には乱視矯正効果のある多焦点眼内レンズを使用します。

特に知っておくべきこととして以下のことがあります。

  1. 完全に遠くから近くまでにピントがあうわけではないので、一部ぼやけて見える領域が存在します。
  2. 多焦点眼内レンズでも数%(一部データでは7.5%程度)の方が、術後眼鏡を必要とします。
  3. 光の周辺に輪がかかってみえる(ハロー)や、強い光を眩しく感じる(グレア)など、単焦点眼内レンズでも生じえますが、多焦点眼内レンズでは強く感じることがあります。ハロー・グレアは手術後の経過とともに、慣れてくるといわれています。
  4. 一般的な白内障手術でも生じえる後嚢破損(水晶体を包む袋状の構造物を水晶体嚢といい、後ろ(網膜側)の部分を後嚢と言いますが、手術中に破損してしまうこと)や術後の眼内炎(細菌などによる眼内の炎症)などで、はじめから多焦点眼内レンズが入れることができなかったり、または一度入れた多焦点眼内レンズを取り出す必要があります。
費用
多焦点眼内レンズ(乱視矯正なし) 片眼あたり 35万円8000円
多焦点眼内レンズ(乱視矯正あり) 片眼あたり 36万円8000円

例)お寺

白内障の方の見え方

単焦点眼内レンズの見え方

(遠方にピントがあっているため手元がぼやけています。)

単焦点眼内レンズの見え方

(近方にピントがあっているため遠くがぼやけています。)

多焦点眼内レンズの見え方

(遠くにも手元にもピントが合っています。)

例)ドライブ

白内障の方の見え方

単焦点眼内レンズの見え方

(遠方にピントがあっているため手元がぼやけています。)

単焦点眼内レンズの見え方

(近方にピントがあっているため遠くがぼやけています。)

多焦点眼内レンズの見え方

(遠くにも手元にもピントが合っています。)

例)リビングにて

白内障の方の見え方

単焦点眼内レンズの見え方

(遠方にピントがあっているため手元がぼやけています。)

単焦点眼内レンズの見え方

(近方にピントがあっているため遠くがぼやけています。)

多焦点眼内レンズの見え方

(遠くにも手元にもピントが合っています。)

参考)多焦点眼内レンズでのハロー・グレアの見え方例

当院では日本シェア1位アルコン社レストア®を採用しており、ハロー・グレアを軽減させる設計になっております。

涙点プラグ

分泌された涙は、目頭側にある上下各1個ずつある「涙点」から涙道を経て鼻腔内へ排出されていきます。ドライアイなどで点眼治療だけでは十分な効果が得られない場合は、「涙点」にプラグ(栓)をし、涙や角膜保護剤の「涙点」からの排出を抑え、眼表面により潤いをあたえる治療法です。1-2分でできる簡単な処置ですが有効な治療法です。

付帯施設

準備室

こちらの準備室で、手術時に点滴が必要な方の点滴の準備・抜去を行います。

回復室

こちらの回復室は二階まで吹き抜けになっており、手術前の準備、および手術が終わりましたら、ソファーにかけながら、テレビをみたり、外の景色を見ながらリラックスすることができます。

ボトックス治療

眼瞼けいれんは「まぶしい、目が開いていられない、乾く」などの症状からはじまり、進行すると自分で目があけられなくなってくる疾患です。また片側顔面けいれんは初期には片方の目の周囲、口がぴくぴくし、進行すると目の周りや口、ほお、あごの筋肉がひきつってきます。それに対し、ボトックス治療はボツリヌス毒素をけいれんしている部分に注射し、筋肉をマヒさせることで症状を軽減する治療です。施注は1-2分で終わります。保険適応の治療です。

黄斑変性・黄斑浮腫に対する注射治療

「黄斑」とは中心視野と中心視力を担当する非常に重要な部位なのですが、糖尿病網膜症や静脈閉塞症、加齢黄斑変性やぶどう膜炎などの炎症性疾患で障害されると、視力の低下や視野の中心部分が歪んだり、暗くなったりします。その場合、硝子体手術を選択することもあるのですが、アイリーアやルセンティスの硝子体内注射、ステロイドのテノン嚢下注射が有益である患者様には、日帰り治療で行っております。

ケナコルトテノン嚢下注射による糖尿病性黄斑浮腫の改善例

投与前
投与後

浮腫が改善し、正常な形態に近づいています。

正常の黄斑部